【北欧バルト旅2nd】その23  アーランダ空港から市庁舎まで

長い間、くま旅をお休みしておりましたが、本日久しぶりに更新することができました。お待たせして申し訳ありませんでした。

さて、今回の北欧バルト旅2ndも3カ国目に入りました。次の国はスウェーデンです。早朝の便でしたので、スウェーデンのアーランダ空港は人も少なく快適でした。

市街まではバスで移動します。早速、チケットオフィスでチケットを買います。見てください、この空き具合。

1人118クローナで、2人で238クローナでした。

バス停に行くと、自動券売機もありました。

やっぱりうちのくまさんが興味津々です。

ほらほら!バスがきましたよ!!「ふぁ!」←うちのくまさんの口癖の一つ。

10分くらい待っていると、バスが来ました。

バスに乗れて一安心です。45分くらいかかると、地球の歩き方には書いてありました。

バスターミナル内は、近代的な造りになっています。

昨年来た時には、急いでいたためあまり見ていませんでしたが、とても立派な建物です。

今年もバックパックを2階のコインロッカーに預けて出発しようとしたのですが、うまく利用できずに15分くらい足止めをくらってしまいました。

クレジットカードも使えます。うまく利用できれば、とても便利です。あと、このバスターミナルのトイレはお金がかかりますので、空港で済ませてくるのがオススメです。

さて、バスターミナルを出発し、市庁舎に歩いて向かいます。

行く途中でこんなきれいな写真も撮れました。絵はがきにしたいくらいです。

この川沿いの道をずっと行くと、市庁舎に着きます。

これは、道路側からの市庁舎です。市庁舎では、ガイド付きのツアーが行われているので、時間が合えば、ぜひ参加してみてください。

これは中庭(!?)からの市庁舎です、偉人たちの彫刻が上方に飾られています。

これは河(湖!?)側からの市庁舎です。朝の光が降り注ぎ、よりレンガがきれいに見えています。

毎年、ノーベル賞の晩餐会や舞踏会が行われるこの市庁舎の見学ツアーに出かけましょう。

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 田舎を飛び出しディズニー近郊に移住することを達成。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする