【北欧バルト旅23】アーランダ空港からバスで市街へ

さて、スケジュールが変更になったので、お昼頃リガを出発します。

今回利用するのはラトビアのLCC「airBaltic」です。リガを拠点としているラトビアの国営の航空会社です。

プロペラ機です。LCCでもあるので少し不安です。

滑走路を自力で歩いて移動するので、飛行機は目の前で、迫力が伝わります。

堕ちませんように・・・。祈りながらの搭乗です。

座席はこんな感じでした。

この日3本あった便が2本になったので搭乗率もそこそこです。

airBlticのロゴとプロペラがいい感じです。

あっという間に、1時間のフライトでストックホルムに到着しました。乗り心地はというと、記憶に残るほど快適な空の旅でした。着陸時の衝撃もほとんどなく、怖さもありませんでした。

今回はバックパックでの旅だったので、荷物を預けない予定でしたが、この時点でお土産でパンパンだったので、預けることにしました。

お、うちのくまさんもターンテーブルに流れて来ました(笑)というのは、もちろん冗談です。しっかり機内に持ち込んでいます。

いよいよストックホルムに到着です。

綺麗な空港でした。今回行った国の中で唯一ユーロが導入されていない国だったので、両替をしましたが、多くしすぎてしまい、かなり余ってしまいました。今年また行くので、問題なしですが。

バスで市街へ向かいます。バスのチケットは自動券売機で購入できます。私たちが着いた時点で、ストックホルム市街までんバスの出発が3分後と表示されてます。

前の人が操作する姿を盗み見て、同じように購入してみます。この時点で、出発まで1分と表示されています。

とりあえず購入し、バス停の方へダッシュ!!間一髪間に合いました!駆け込み乗車です。119SEKです。

カバンに入ったまま、バスの外を眺めています、うちのくまさん。

長旅の疲れも見せず、元気に旅を続けます。

さて、45分くらい乗っていたでしょうか。ストックホルム中央駅に隣接する、シティ・ターミナルに着きました。

なんと、ストックホルム滞在時間は3時間ほどしかありません!急いで、市内観光をしに行ってきます!

 

 

応援してくださる方は下のアイコンのクリックをお願いします。

 


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする