【北欧バルト旅28】ヘルシンキでランチ「ラヴィントラ・ツェトル」

さて今回は、ヘルシンキのレストラン、ラヴィントラ・ツェトルを紹介します。

この像は、「三人の鍛冶屋像」です。レストランのそばに建っていました。

まずはお決まりのビールを頼みます。パンがお通し。

すっかり北欧のくまになりつつあります。

可愛い。愛くるしいです。

ミートボールは北欧全土で食べられる伝統的な家庭料理です。付け合わせは、マッシュポテトなど。日本でも、IKEAのレストランで提供されていますね。

ハンバーガーを頼みました。これもボリューミーで味もなかなか。

フィンランドの国旗を持ってはしゃいでいます。

この店は、内装がとてもユニークです。

牛さんのモニュメントもありました。

牛乳を飲みたがっています。

トイレもレトロな張り紙がたくさんあり、おしゃれです。

映画「レニングラード・カウボーイズ」で有名なサッケ・ヤルヴェンバーが内装を担当したそうです。店内には、古いトラクターや農耕機械が無造作に置かれていました。

 

さて、帰国便は今夜17:25です。そろそろヘルシンキ中央駅に向かいましょう。

 

応援してくださる方は下のアイコンのクリックをお願いします。


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする