【中欧TRIP】その1 出発からチェコ入国まで

今日から新しい旅が始まります。今回は初めて中欧4カ国に行ってきました。

そのうちの第1国目、チェコです。チェコは個人的には、2004年のUEFA欧州選手権、通称『EURO』での活躍により、大好きになった国です。

まだ学生だった頃、友人のうちに泊まり込みでEUROを見ていた記憶が蘇ります。その時は、オランダとの因縁の対決で、0−2から3−2での逆転勝利に大興奮しました。

「そんな話はどうでもいいから!」と言わんばかりにうちのくまさんがリュックを引っ張っています。さて、話を戻します。

今回も、毎年利用している成田発のJAL413便でヘルシンキに向かいます。3年連続で、年末のほぼ同じ日に、同じ座席を利用しています。

JALの機内食の一つである「おかき」。いつも楽しみにしています。

JALさんこだわりの機内食です。1度目の食事はチキンカレーです。

私は味噌汁は必須です。妻はビール必須です。

長時間のフライトでぐずってきました笑

2度目の食事は、『チキンオーバーライス』でした。

「DEAN &DELUCA」を展開する株式会社ウェルカムとのコラボレーション企画で、2019年12月1日(日)〜2020年2月29日(土)まで提供されたようです。気に入ったので、帰国後に自分たちでも作ってみました。実際はコールスローの上にケイジャンチキンをのせるようです。(写真では分けてのせてしまいました。)

ヘルシンキの空港でのトランジットです。FINAIRの飛行機をバックに記念撮影です。

17:35のプラハ行きに乗ります。プラハの英語表記は「Prague」です。

プラハに着きました。まず目に入るのが、カラフルなアスリートのオブジェです。

地下鉄、トラムやバスのチケットは、こちらのオフィスで買えるようです。

到着して早速、子ども用の遊具に飛びつきました。可愛いです。

先ほどのチケット売り場ではありませんが、バス停の近くのチケット売り場でプラハ本駅までのバスチケットを買いました。

外から見たプラハのヴァーツラヴ・ハヴェル空港です。かっこいいです!

チケットは、直接運転手さんからも買えるようです。

ちなみに、チェコの通貨はKc(実際の表記はcの上に小さいv)でコルナと読みます。1Kc=約5円です。

空港からプラハ本駅までは、バスで約30分です。朝からの移動で疲労度はかなり高くなってきました。

プラハ本駅(Praha hlavni nadrazi)に着きました。地下鉄C線のフラヴニー・ナードラシー駅(Hlavni nadrazi)に連結しているので、ここで地下鉄のチケットを買います。

地下鉄に乗る時は、改札にある黄色いボックスにチケットを矢印の方向に差し込みます。改札を通った時刻が印字されます。

目的の駅は、ここから2駅のヴィシェドフラッド駅(Vysehrad)までで、1人24Kcです。

それにしても、チェコ語が読みにくいので、ガイドブックで確認しながらでないと、チケットがなかなか買えません。英語だとなんとなく最初のHは黙字のような気もしますが、ここはフラヴニー・ナードラシーです。

地下鉄は3本走っていて、緑がA線、黄色がB線、赤がC線です。

駅を降りると、すぐに見えてきたのが、今夜のお宿「コリンシアホテルプラハ」です。

駅に直結しているはずなのですが、入り口がなかなか見つからずに苦労しました。

長時間の移動でやっとホテルに着きました。次回はコリンシアホテルプラハについて、ご紹介します。

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする