【北欧バルト旅2nd】その26 kaffegilletで優雅なランチを

大聖堂の目の前にあるレストラン「kaffegillet」で一休みします。地球の歩き方のストックホルムのレストランのページで1番上に載っていました。

レストランかつカフェでもあるようで、地球の歩き方には、美味しそうなケーキの写真が載っていました。食後にぜひ食べたいと思います。

14世紀のワイン貯蔵庫をそのまま利用しているそうです。壁やシャンデリアも味があります。

店内はそう広くありませんが、煉瓦造りの丸天井が中世のロマンを漂わせます。当時、客はあまりいませんでしたが、食事をする人や、お酒だけを飲みに来る人など、様々なニーズに応えられるカフェになってます。

煉瓦造りの壁が趣があります。テーブルの上にはろうそくがともっています。

日本人観光客も多いのでしょう。日本語のメニューもありました。これは大変ありがたいです。今回注文したのは、スウェーデンの伝統料理である、ピュッティパンナ、ショットブラールです。地球の歩き方には、店の名前がカフェジレットと書いてありますが、これにはカフェイッレと書いてあります。

まずは、ヨーロッパのレストランの定番、パンが最初に出てきます。

こらこら、まだいけませんよ。

ショボン・・・。

これがピュッティパンナです。賽の目に切ったジャガイモなどを炒め、目玉焼きをのせます。

これが、ショットブラールです。ミートボールにポテトと苔桃のジャムがついています。スウェーデンといえばやはりミートボールですよね!

ピュッティパンナ 185クローナ

ショットブラール 185クローナ

食後には、ベリー系のケーキを注文。サイズがとても大きいです。バニラソースがかかっていて甘酸っぱさと甘さが良いバランスで楽しめます。

ケーキ 95クローナ

ビールとゼロコーラを1杯ずつ頼んで、574クローナまたは58ユーロでした。

このお店は当たりです。雰囲気も値段も味もかなり満足で、立ち寄る価値ありです。さて、食後は大聖堂や大広場などを回る予定です。

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする