【タイ】初めてのアユタヤの歩き方

バンコクからアユタヤまでの行き方はこちらの記事をご覧ください。

アユタヤ駅に着いたら

アユタヤ駅を出ると、トゥクトゥクのドライバーに声をかけられますが、それを気にせずに駅前通りを渡り、まっすぐに小道を進んでいきます。

この通りには食堂やゲストハウスの他に、レンタサイクル屋やレンタルバイク屋がたくさんありますが、ここでは借りないのがポイントです。

渡し船に乗って向こう岸へ

しばらくいくと、目の前にパサック川が現れます。渡し船があるので、左側の簡易的なカウンターで5バーツを支払い、船着き場へ進みます。支払いの場所がわかりにくいので、そのまま渡し船のある方へ行こうとすると、大声で呼び止められます。そのまま桟橋を進んで、船に乗り込みます。2分ほどで対岸に着きます。

レンタサイクルを借りよう

川を渡ったところで、レンタサイクルを借ります。私は船を下りて、階段を上ったすぐ左側のお店で借りました。

川を渡る前に借りてしまうと、自転車を持って船に乗り込むか、南側の車通りの多い大きな橋を自転車で渡らなければいけなくなります。過去に借りてしまい、その大きな橋を渡って汗だくになりました。

レンタル代は1日50バーツ。借りる際にパスポートを預けますが、パスポートのコピーでも可能です。私は、2度そのお店で借り、パスポート本体を預けましたが無事でした。不安な人はあらかじめパスポートのコピーを持っていきましょう。

自転車のかごには地図がついており、おすすめの遺跡の場所を示してくれています。さぁ、アユタヤサイクリングに出かけましょう。

ワット・ロカヤ・スター

今回おすすめする3つの遺跡のうち、1番遠くにあるため、先に回ることをおすすめします。ここは、ストリートファイターⅡのサガットのステージとしても知られています。全長約28mの巨大が涅槃仏(ねはんぶつ)で有名です。

2016年末時点では、袈裟がなく裸の状態でしたが、2017年8月の時点では、きれいな新しい袈裟を着ておられました。入場料は無料です。レンタサイクル屋から自転車で10分~15分程度で着きます。

アユタヤ・エレファントライド

タイで必ず体験したいのが、この象乗り体験。象に乗ってアユタヤをお散歩、優雅です。チケットを購入してから5分くらいですぐに乗ることができました。

コースは400バーツのワット・プラ・シー・サンペットまでの往復コース。王宮跡までの往復コースは500バーツです。予想以上に高くて揺れる象の背中にスリルを感じますが、とても贅沢な世界遺産散歩となりました。

ワット・プラ・シー・サンペット

アユタヤで最も有名な遺跡で、3人の王が眠る最大の寺院。ビルマ軍に侵略されて崩壊し、顔や腕がない仏像があちこちにあります。夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気なようです。入場料は50バーツでした。

ワット・プラ・マハタート

神秘的な仏頭が有名な遺跡。ビルマ軍に侵攻されたときに切り落とされた仏像の頭が木に覆われてできたもの。記念撮影は、自分の頭が仏像の頭よりも高い位置にならないように注意しましょう。入って右側にいくと、仏頭が見られます。仏頭の周りは観光客でとても混んでいますが、少し待っていればすぐに写真が撮れます。入場料は50バーツです。

今回の記事は初めてのアユタヤ観光向けです。1日で主要な場所を回りたい人は以上の4カ所へぜひ行ってみてください。

 

※自らが別のサイトで書いた記事と重なる部分があります。

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 田舎を飛び出しディズニー近郊に移住することを達成。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする