【タイ】バンコクからバスでパタヤへ

今回はバンコクの東バスターミナルからパタヤへ行く方法を紹介します。

BTSスクンビット線でエカマイ駅まで行きます。駅の2番出口階段を降りたら、Uターンして直進します。

すぐに東バスターミナルに到着します。『PATTAYA』と書いているチケットブースを探しましょう。

待合室はこんな感じです。バンコクからパタヤ行きのバスは①番のりばから発車しましたが、そうでない場合もあるそうなので、不安であれば係員に聞きましょう。

バスの側面には48−44というバスナンバーが書かれていました。2枚目は帰りのバスですが、バスの腹に荷物を預けることも可能です。

料金は108バーツでした。移動距離を考えると、エアコン付きでこの値段は魅力的です。

今回は一番前の席でした。運転中に前がよく見え、かなりのスピードが出ていたのもわかりました。

運転手さんは、イヤホンを使ってずっと誰かと携帯で話をしていました。

真ん中の写真を見てください。これは走行中の写真です。これだけスピードを出しているのに、なんとメーターは0kmを表示しています(笑)メーターが壊れていればスピード違反もないわけか…

8:40にバンコクを出発し、約2時間後パタヤに到着です。右の写真はパタヤのバスターミナルのチケットブースです。

パタヤに1泊して、次の日の朝にバンコクに帰りました。帰りのバスは7:50発エカマイ行きです。

出発時刻まで時間があったので、バスターミナル内の食堂で朝食です。これでたった40バーツです。

同じようにバスで2時間ほどでエカマイの東バスターミナルに到着です。

みなさんもパタヤに行くのはバスがおすすめですよ。ぜひトライしてみてくださいね。

 

 

 

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 田舎を飛び出しディズニー近郊に移住することを達成。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする