【北欧バルト旅2nd】その13 ラトビアのSIM事情

前回の北欧バルト旅では、初日にヘルシンキでSIMカードを買いました。その時の記事はこちら。今回は、最初の国リトアニアではSIMを買わずに、ラトビアで買うことにしました。その理由は、諸先輩方のブログを見ていると、リトアニアでのSIMは他の国では使えない可能性があるという情報があったからです。

ヨーロッパでは、いたるところでSIMが買えます。今回は「N」のマークのコンビニ(⁉︎)「NARVESEN」でSIMを買うことができました。

「NARVESEN」はリガの旧市街の中にも何軒かありますが、今回は駅方面の旧市街の入り口にあるお店で買いました。早速ホテルに帰ってSIMの設定をします。

JAUNA SIM KARTE というSIMで3.99€でした。150MIN、150SMS、150MBと書いています。それで約4€は破格ですね。

中には、このようなカードが入っていますので、自分の端末に合わせてSIMを切り取ります。私は、iPHONE-XSなので、nanoSIMサイズで切り取ります。

SIMを入れて電源を入れると、「SIMがロックされています」との表示が出るので、カードの裏側に書かれている番号を入力します。

「設定」から「モバイルデータ通信」をオンにします。少しすると、上の写真のように電波が立ちます。

Tele2というのは、現地の通信会社です。これはSIMを入れる前から表示されているもので、その左側に電波の表示がされます。

これで、ラトビア滞在の2日間は、ネット環境が整いました。

しかし、その後、スウェーデン、フィンランドの2カ国では、利用できませんでした。

前回のように、フィンランドでSIMを購入し、そこから各国に渡るのがオススメです。昨年はエストニアでは使えませんでしたが、ラトビア、スウェーデンでは使うことができたからです。フィンランドで購入したSIMの記事はこちらをご覧ください。

【北欧旅②】フィンランドでのSIM事情

さて、今日はリガの旧市街とその周辺を周ります。

応援してくださる方は、下のくま旅アイコンのクリックをお願いします。


人気ブログランキング






kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする