【北欧バルト旅2nd】その14 「自由記念碑」広場で衛兵交替を鑑賞 in リガ

旧市街の散策の前に、旧市街のそばにある自由記念碑広場に行くことにしました。地球の歩き方によると、そこは新市街のようです。

いたるところに可愛いオブジェが見られます。本当に旧市街を歩いているだけでも、興味深いものがたくさんあります。

魔女の宅急便に出てきそうな建物たち。そもそもはこういう景色を見るために旅に出たのでした。

これは・・・サークル K!日本のサークルKは吸収されてファミリーマートになりつつありますが、リガにはまだ残っていた。

誰かの足型。いったい誰のものなのでしょう。分かる方は教えてください。

自由記念碑広場に着きました。可愛らしいお店があったのでパシャり。

見てください。額縁があり、絵の中に入っているような写真が撮れます。うちのくまさんもハイチーズ。

広場は結構大きく、早朝だったのでガランとしています。奥に見えているのが、自由記念碑です。

ツノが生えたみたいになっています。そういえば前回の北欧バルト旅のスウェーデンでは、ツノが欲しいと言っていたっけ。←分かる人はレアw

『自由記念碑』

1935年にラトビアの独立を記念して建てられた高さ51mの記念碑。塔の上に立つ女性ミルダは、ラトビアの3つの地域(クルメゼ、ヴィメゼ、ラトガレ)の連合を表す星々を掲げている。デザインは公募されたなかから選ばれ、建設資金も寄付によってまかなわれた。碑の基部には「祖国と自由に」という文字が刻まれ、ラトビアの歴史や文化を象徴する彫刻で飾られている。ソ連時代にも壊されることはなかったが、反体制の象徴として近づくだけでシベリア送りとうわさされる、民族の悲劇を具現化したような記念碑であった。現在昼の間、1時間ごとに最初の共和国時代の軍服を着た衛兵の交替が見られる。

「地球の歩き方」2017〜18バルトの国々

A30 地球の歩き方 バルトの国々 2017~2018 [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,836円
(2019/2/11 15:13時点)
感想(3件)

衛兵が2人立っています。近くで写真を撮る勇気がなかったので、遠目から。

右側の側面に書いてあるのが「祖国と自由に」という文字です。

前から撮る勇気がなく、斜め後ろから。寒い中お疲れ様です。

しばらくしたら衛兵が動き出しました。2人で向かい合って歩いたり・・・

ゆっくりと2人で足を揃えながら歩いたりしています。

この後、実際に頭の後ろから3人の別の衛兵が現れ、交替していました。交替の時は観光客も多く集まり、写真を撮ったり、見守ったりしていました。

衛兵の条件は、身長182cm以上、健康で30分直立不動できることだそうです。私はアウトですw

応援してくださる方は、下のくま旅アイコンのクリックをお願いします。


人気ブログランキング




kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする