【北欧旅②】フィンランドでのSIM事情

今回はフィンランドでのSIMの購入、設定方法について書いていきます。

①SIMの購入場所

ヘルシンキのヴァンター空港に着いて、到着ゲートを出ると、そこはもうヨーロッパ。

さすがは北欧、自動販売機のコーラの物価調査をしたところ、500mlのペプシコーラが2.5€(1€=138円なので345円)でした。もちろん買いはせず、ゲートを出て左に向かってしばらく歩きます。

すると、日本でおなじみのKioskが・・・あれ?なんかおかしい。Kioskではなく®️Kioskiというお店がありました。たぶんKioskのことでしょう。諸先輩方のブログをチェックしていて、KioskでSIMが変えると予習済みでしたので、レジで早速購入します。

 

②SIMの値段

SIMが欲しいと伝えると何日用がいいかと聞かれます。とりあえず1週間と答えるとDNAという会社のSIMをくれました。DNAってあのDNA?なんてことを考えながら、いろいろなブログに掲載されていたSIMと同じようだったので安心して購入できました。値段は1枚3.9€(約538円)でした。1週間使えてこの値段はかなりお得だと思います。フィンランドだけでしか使えないのですかと店員に聞くと、EUなら使えるとのこと。本当なのか?

 

③SIMの設定方法

まず、自分の携帯電話のSIMのサイズに合わせて、台紙のカードからSIMを切り取ります。私はiPhone7なので、nano SIMで切り取ります。

電源を切ってから日本で使っていた SIMを取り出します。iPhoneの場合は取り出すためのピンが必要になるので、私は財布にクリップを入れて持って行きました。取り出した SIMは失くさないように旅行中大切に保管してください。これをなくしてしまうと、日本で使用できなくなります。
次に、切り取ったSIMカードを携帯電話に差し込んで電源を入れます。

パスワードを入れる画面が出てくるので、台紙のカードの裏側を削り、出てきた番号のPIN1と書いているところの最初の4桁だけを入力します。しばらくすると圏外の表示が消え、電波を拾ってくれます。LINEなどもそのまま使うことができるので、旅中はとても重宝します。

 

④他の国では?

私の経験ですと、フィンランドでは使えましたが、エストニアに移動すると使えなくなりました。先輩方のブログなどでは、設定を変えると使用できるという話もありましたが、私はうまくできませんでした。しかし、ラトビアでは自然に電波を受信し使えるようになり、スウェーデンでも使えました。

私の調査によると、DNAのSIMは、

・フィンランド◯

・エストニア×

・ラトビア◯

・スウェーデン◯

という結果になりました。エストニアでも使えたという人は、情報をお願いします。

 

さて、ネット環境が整ったところで、本格的に北欧バルト旅行のスタートです。

 

応援してくださる方は、下のアイコンをクリックお願いいたします。


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする