【中欧TRIP】その3 チェコ:プラハの街歩きスナップ

コリンシアホテルを出発し、今日はプラハ市内を観光します。まずは、プラハ城を目指します。

荷物を預けるために、まずはプラハ中央駅に向かうチケットを買います。この券売機はクレジットカードしか使えないようです。

こちらの原始的な券売機で購入することにします。

しかし!硬貨を入れても戻ってきてしまいます。どうしようかと困っていると、通りがかりのプラハの貴婦人が教えてくれました。どうやら入れられる硬貨が限定されているようで、私たちの硬貨を見て、自分の財布から両替してくれました。以前、ラトビアのリガでも同じようなことに遭遇し、ヨーロッパは心優しい方が多いことを再び実感しました。

無事にチケットが買えたので、早速地下鉄に乗ります。ホテルの前のヴィシェフラッド駅から2駅のフラヴニー・ナードラシーに向かいます。

フラヴニー・ナードラシー駅とプラハ中央駅がつながっています。この日の夜にこのプラハ中央駅から、夜行列車に乗る予定なので、ここでコインロッカーに荷物を預けます。

コインロッカーを探して案内板を見ます。コインロッカーはここから左側にあるようです。案内の通りに進みます。

コインロッカーを見つけました。

色によって料金が分かれているようです。これは便利ですね。ディズニーなどでコインロッカーを使うときは、近くまで行って、硬貨投入口の近くに小さく書いてある料金を見て、なるべく安いロッカーを見つけていましたが、色で分ければ、そのロッカーが遠くからでもわかりますね。

一見ロボットの顔のように見えるこちらは、両替機です。

細かいお金がなかったので、両替をして、コインロッカーを使用します。

海外で鍵をなくしたらかなり厄介ですので、しっかり財布の中に保管しておきます。

荷物を預けたので、再び地下鉄に乗り、プラハ城へ向かいます。まずは、地下鉄C線に乗ってムゼウム駅までは1駅です。

ムゼウム駅で地下鉄A線に乗り換えます。ここで今日初めてうちのくまさん登場です。ここから3駅のマロストランスカー駅が目的地です。

地下鉄の乗り換えで乗ったエスカレーターです。日本のエスカレーターとは比べものにならないくらい長いです。200〜300mくらいはあるのではないかというくらいの長いエスカレーターが折り返しなく1本で運行されています。

目的地に着きました。ここからは歩いてプラハ城に向かいます。

向かう途中の川沿いに、白鳥が集まっていたので寄り道していくことにしました。

川の向こう岸の建物も絵になります。現地の人でしょうか。餌をあげていて白鳥も集まってきています。

近寄ってきてくれたので、お互いに怯えながらもうまく写真が撮れました。

街のいたるところに写真に撮りたくなるような建造物がたくさんあります。

路地から見える景色も素敵です。ここからさらに細い路地に入っていきます。しばし、うちのくまさんにお付き合いください。

すごく綺麗な路地です。うちのくまさんを取り出して、人目を気にしながらスナップショットです。

JALの国内線にある旅雑誌の表紙を飾れそうな、1ショット。モデルになりきっているうちのくまさん。

道幅2mほどの狭い道。足元の石畳や、壁についている街灯などどれをとっても「いとをかし」です。満足そうなうちのくまさん。お付き合いいただきましてありがとうございます。

応援してくださる方は、下のくま旅アイコンのクリックをお願いします。


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 田舎を飛び出しディズニー近郊に移住することを達成。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする