【北欧バルト旅26】タリンクシリヤライン の船内を大公開!!

記念撮影を終えて乗船すると、まず驚くのが、船の中央のストリートの上部が吹き抜けになっていることです。プロムナードと言うそうですが、この通りに面して、上部にはたくさんの部屋が並んでおり、部屋からプロムナードが見える形になっています。

そのフロアの両サイドには、レストランやお土産屋さんが並んでいます。

私たちの部屋は9階でした。私たちは、ダイレクトフェリーズというサイトからチケットを予約しました。タリンクシリヤラインの公式サイトではないですが、わりとわかりやすく予約することができました。

私たちの部屋はチケットも書いていましたが、9702号室でした。あれ?節約旅行のため、一番安い部屋にしたはずですが、なぜか上の方の階の部屋です。予約の段階ではCクラスを予約したはずです。説明によると、だいぶ下の階だとのことでしたが・・・。

とりあえず、入ってみましょう。おしゃれなドアです。

Cクラスは窓もないはずなのに、なんと窓付き!

そして、この照明!ムーミンです!後で値段を調べたらかなり高価!

そうです!!なんと、この部屋ムーミンルームだったのです!

見てください。壁中にムーミンとその仲間たち。

こちらベッドの裏にも。ムーミンの絵がいっぱい。

早速スナフキンと記念撮影。スナフキンも驚きの様子。

ベッドの横には、ムーミンが逆立ちしています。すぐ真似っこして、カシャ。

1人で壁倒立をしています。

ミイちゃんとも、同じ格好でカシャ。

ミイちゃんがどこかメイちゃんに似ている気がする。って言っていました。なぜCクラスで予約したはずなのに、クラス的にはAクラスと同等のムーミンルームになったかは不明ですが、とてもついていました。

これは、エレベーターからの眺めです。

右上に見える出窓が全てプロムナードという部屋の種類になります。ストリートから上を見れば、部屋の中が見えます。逆にいうと、部屋にいても、ストリートの雰囲気を味わうことができます。

甲板に出てみます。非常用ボートを見ると、映画タイタニックを思い出します。私たちの分まであるのでしょうか。

プロムナードにはカフェなどもあります。上は部屋が見えます。

小さなマンションみたいな眺めですね。

さて、今夜お世話になるレストランです。船内の雰囲気に興奮したまま、高そうなお店に入りました。

まずは、ビールを一種類ずつ注文。それと、コース料理を頼んでみました。

まずは、スープとパン。うまい。

そして、大量のポテト。この度でたくさん食べてきましたが、この芋はうまい!

そしてメインディッシュの肉料理です。

 

最後にデサートのアイスクリーム。器がおしゃれです。

イルミネーションでも記念撮影です。

お土産屋を覗いたらこんなものがありました。サルミアッキというグミです。めちゃくちゃまずいというこのグミは、お土産で職場に持って帰りました。もちろん不評でした。

バーに移動して、1杯飲みながら、ステージで行われているライブを見たり、ダンスを見たりしながら年越しをしました。スウェーデンとフィンランドでは、時差が1時間あり、船の上では、どこからが時差の境界かがわからなかったため、どうなることかと思っていましたが、甲板で1回、バーで1回、1時間おきにカウントダウンをしました。

バーのメニューです。ジントニックを注文。

初めてのバー。緊張気味。

ジントニック、飲んじゃダメですよ。

船内には、朝食を食べれるビュッフェやバー、ジャグジーなんかもあります。

翌日の朝食はビュッフェでした。

あっという間の優雅な船旅。

まもなく、ヘルシンキに到着です。

 

応援してくださる方は、下のアイコンのクリックをお願いします。

人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 田舎を飛び出しディズニー近郊に移住することを達成。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする