【北欧バルト旅27】ヘルシンキ大聖堂へ

タリンクシリヤラインに揺られながら、新年を迎えました。

今日は2018年1月1日。ヘルシンキまではもうすぐです。

途中、島も見られました。

ヘルシンキの街が見えてきました。奥に小さく見えるのが、ヘルシンキ大聖堂です。

下船の際は、タリンクシリヤライン のキャラクターがお別れの挨拶をしてくれます。

ヘルシンキに到着です。

昔の税関の跡でしょうか。

ターミナル内の様子。あっという間の船旅を終え、4日ぶりにヘルシンキに戻ってきました。

ヘルシンキには雪が積もっていました。ここにきて初めて、ノースフェイスの長靴が役に立ちました。

改めて見ても、やはり巨大な船です。幸せな船の旅をありがとう。

ヘルシンキのフェリーターミナルからは、徒歩で市街地へ向かいます。

20分くらいかかったかもしれませんが、トラムも走っているので雪道が苦手な方にも安心です。

途中途中には、今までと同様、北欧のおしゃれな建物がいっぱい。

これも素敵。

船なんかも停まっていますが、いとおかしです。

何かの記念碑。

トラムの線路が見える路地。

さて、ヘルシンキ大聖堂に着きました。周りは大きな広場となっており、階段を登ったところに大聖堂がたっています。

うちのくまさんも目を覚まして、興味津々。

近づいていくと、大きさに圧倒されます。

随分と陽気なうちのくまさん。

中に入ってみます。

中はこんな感じです。厳粛な雰囲気。

うちのくまさんもお祈りしています。

あ、気づかれました。カメラ目線で甘えてきます。

ヘルシンキのシンボル的なヘルシンキ大聖堂でした。

 

 

次回は、ヘルシンキのランチをご紹介します。

 

応援してくださる方は、下のボタンのクリックをお願いします。


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする