【タイ旅2022#7】バックパッカーの聖地カオサン通りへ。

今回カオサン通りへは船で向かいます。BTSサパーンタクシン駅からすぐの船着場、サトーンピアから船に乗ります。いろいろな種類の船が到着するので、どの船に乗ればいいか分かりにくいのですが、スタッフの言うことを信じて乗船します。

船の中はこんな感じです。窓側の席は、水しぶきがかかることもあるので、気になる方は注意してください。N13プラアーティットの船着場で降ります。

船着場を降りると、細い商店街のような道を通り、上のようなルートで10分くらいでカオサン通りに着きます。

2022年8月時点では、コロナ前の活気はなく、カオサンまでの道のりは寂しい感じです。

カオサン通りもこの程度の人しかおらず、コロナの影響が色濃く出ていました。2023年はもう少し賑やかになっていることでしょう。

スコールが降ってきたので、パッタイが食べられるお店を探して、お店に入りました。今回は二人ともシンハーの炭酸水で乾杯です。

うちのくまさん、初めてのパッタイ。ドキドキ。

なぜか、しばらくすると、店の照明が変化し、クラブみたいな感じに。店内が暗くなって、ライブも始まりました。

最後は、スイカのフローズンみたいなものも注文しました。

雨が上がった隙を見て、カオサン通りから1本南側の道まで出てきました。イルミネーションが素敵です。この道からタクシーでホテルに帰ります。

応援してくれる方は、下のくま旅アイコンのクリックをお願いいたします。


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする