【中欧TRIP】その6 チェコ:イーサン・ハントとM:iの世界へ「カレル橋」

ヴルタヴァ川(モルダウ川:中学校の音楽の授業で習いましたか?)の中州にできた散歩道、それがカンパ島です。

古い水車が回る水路、ボート乗り場、そして緑の公演が広がっています。水車の先端には、パイプを吸っているおじさんらしき人が・・・。

これは、日本の妖怪「河童」に似た、緑色の体で、川に溺れ死んだ人の魂を集めるという伝説の妖怪です。

こちらは、カレル橋に続く階段です。映画「ミッションインポッシブル」では、この階段の下で車が爆発し、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが階段を降りてくるシーンがあります。M:iファンは必見の観光地です。

階段を登り、カレル橋を渡ります。カレル橋は、プラハの代表的な石橋で、1402年から600年以上同じ姿で残っているそうです。

ここもハントが映画の中で走り抜けるシーンがあります。

橋の長さは520mにも及び、橋の両脇には、30体の聖人像があります。建設当時は橋の上が公開処刑場となっていたそうです。

現在は、橋の上は常に観光客で埋め尽くされ、楽器演奏者や大道芸人、似顔絵のイラストレーターなどもいます。写真の左から2人めの男性は、私の好きな映画「ハングオーバー!」シリーズにフィル役として出演している、ブラッドリー・クーパーです。かなり似てます。

プラハ城側と反対側の旧市街橋塔が見えてきました。このまま、旧市街へ向かいましょう。

応援してくださる方は、下のくま旅アイコンのクリックをお願いいたします。


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 田舎を飛び出しディズニー近郊に移住することを達成。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする