【中欧TRIP】その9 チェコ:夜行列車でプラハからブラチスラヴァへ

またまた久しぶりの更新となってしまいました。この間もいろいろなことがありました。また旅に出られるのはいつになるのでしょうか。さて、中欧TRIPの続きです。

毎年の事ですが、私たちは少ない日数で数多くの国々を廻るため、今回は夜行列車に乗ることにしました。

チェコの首都プラハから、隣国スロバキアの首都ブラチスラヴァへ向かいます。昔は1つの国でしたが、1993年に分離しています。21時56分プラハ発です。チケットの予約は「ヨーロッパ鉄道チケットセンター」というサイトから予約しました。

https://www.railstation.jp/book/

このサイトは日本人が東京で経営している会社のサイトで、ヨーロッパの鉄道の予約の代理店のようです。今回初めて利用しましたが、対応も良く、安心してチケットを手にすることができました。

少し早くプラハ中央駅に着いたので、待つことにします。駅にはフリーピアノが置いてあり、少年が演奏していました。日本で誰かが演奏しているのとはやはり違った雰囲気です。ここはウィーンに並ぶ音楽の都ですから。

さすがはチェコの首都の中心駅です。数分ごとに列車が発着しています。私たちの乗る電車は電光掲示板の下から4番目の「IC575BRECLAV21:56」です。

もう海外では見慣れたチップ制のトイレです。タイのマーケットのチップトイレに行った時は、自動ではなく、おばちゃんが一人一人からチップを集めていましたが、そのおばちゃんの後ろにある、狭い生垣の隙間からノーチップでトイレに侵入していた強者を思い出しました。

現在、21:40です。段々と発車時刻が近づいてきました。

ホームに電車が入ってきました。こちらの車両は、寝台ではなく、リクライニングタイプの座席になっているようです。私たちの車両を探します。

ありました。私たちが予約した車両はこちら。Sleeping car.寝台車です。個室タイプの車両は人生で初めてなのでワクワクしてきます。

早速、中に入ります。片側が廊下になっていて、もう一方が全て個室になっています。旅番組の「旅猿」で東野さんたちがインドでよく乗っている寝台列車とは違います(笑)

私たちの部屋はここです。36、34、32の3人分の部屋を2人で使うプランにしました。

中に入ると、ベッドが1つ。(上段)

2つ目。(下段)

3人で泊まる場合は、おそらくこのスペースに布団が置かれるのでしょう。ちょっと狭いのであまりいい写真が撮れませんでしたが、こんな感じです。

本日初めてとなりました。うちのくまさんの登場です。枕元でパシャリ。

狭いですが、トイレとシャワー、洗面所もついています。これくらいでもあるとないとでは大違いです。ありがたい。

そろそろお眠のようです。おやすみなさい。

6時前にブラチスラヴァへ到着です。到着する前には、乗務員さんが部屋に朝食を届けてくれました。

辺りはまだ薄暗く、お店もほとんど開いていないため、しばし駅の中の待合室で休憩です。

うちのくまさんもお目覚めです。

ブラチスラヴァには、今日の午後までしかいられないため、ここで体力を回復して、街歩きに備えようと思います。

応援してくださる方は、下のくま旅アイコンのクリックをお願いします。


人気ブログランキング



kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする