【SFC修行#3】ANAに初めて乗る人が修行僧って、おい。

こんにちは。くま旅です。

この日からANAのSFC修行が始まりました。前回の記事のスケジュールでも出しましたが、今回は羽田から福岡へ向かい、福岡から宮崎まで2往復して、羽田に帰ってくるという日程です。

なんと、くま旅史上初のANAに搭乗ということになります。JGC修行を始める前までも、国内移動で飛行機を使うときはJALばかり乗っていて、人生初のANAとなりました。

JGC修行の時の朝ごはんは「Hitoshinaya」さんでしたが、今回のSFC修行ではライスバーガーが旅のお供になりそうな予感。

65番ゲートからの登場です。奥では、スタッフがミーティングをしています。

ANAの機内ドリンクサービスでお水を頼むと、ペットボトルの水がもらえます。可愛いパッケージだったので、写真を撮ってみました。デザインはこれ以外にも何パターンかあります。

今回の修行で何度もお世話になる(正確に言うと24回お世話になります)ボンバルディアちゃんです。

DHC8-Q400。機体を見ただけで、機材の名前を言える人、尊敬します。

宮崎空港に着いて、すぐに福岡空港に折り返します。同じ機材の同じ写真ばかりで、これが果たしてどこで撮った写真なのか迷いますが、これは宮崎空港、のはずです。

福岡空港では、飛行機までバスで移動なので、ちょっと時間がかかります。福岡空港に着いて、またすぐに宮崎空港に折り返します。福岡空港では、宮崎から来た便に乗っていた人たちに向かって「宮崎にお乗り継ぎのお客様いらっしゃいましたらスタッフまで・・・」と、修行のことを知らない人たちにとっては、かなり奇妙な状況です。

福岡宮崎間のフライトは、ORC、オリエンタルエアブリッジの乗務員が乗務しています。これだけ多く乗っていると、機内のBGMも覚えてしまうのですが、ORCのBGM、かなりいいです。「夢飛行」という名前らしいです。YouTubeにもありますので、ぜひ。機内では、ミニうちわをもらえます。ORCのスタッフのデザインらしいです。

宮崎に着いて、ここで昼食をとります。とはいえ、乗り換え時間は30分しかありません!

宮崎マンゴーラングドシャをお土産に買いました。これはこの修行を通してずっとお気に入りのお土産となりました。

宮崎名物ガンジスカレーを5分で掻き込みます。うん、また来週も食べよう。

同じ写真ばかり撮っていますが、これはプロペラを取りたかったのだろうと思います。

機内はこんな感じです。日によっては修行僧だらけです。初日は、ダイヤモンド修行をしているおじ様に話しかけていただきました。

さっき昼食を食べたばかりですが、福岡空港といえば「一蘭」さん。実は、これまた初体験です。

普段はあまりとんこつラーメンを食べないのですが、せっかくなのでいただきます。豚骨臭さはなく、コクがあって癖になる味だと思います。自分で注文用紙に記入して、味や麺の硬さなどをオーダーできるのもいいですね。

この日が修行の初日。6月26日です。日付が入るだけで記念っぽくなる、そのアイディアが素晴らしいです。

無事に初日の修行を終え、羽田空港に帰ってきました。第1ターミナルと作りが違って、飛行機を降りた人はこの明るい窓際のスペースを通って出口に向かいます。

初めて単純往復を経験し、意外にイケると思う瞬間と、やっぱりきついなと思う瞬間がありました。特に、最後の福岡ー羽田が個人的には一番辛かったです。このような日程での修行をひたすら6週連続繰り返し、無事プラチナステータスに到達しました。ほぼ同じルートなので、SFCの様子はの記事は今回だけとしたいと思います。

現在SFCの申込書を申請中です。

これで、くま旅は紫組になり、今後海外に行く際の選択肢が増えます。

これからもくま旅の応援をよろしくお願いします。


人気ブログランキング

kumatabi

趣味はディズニーと海外旅行。 ダッフィーと世界を旅するディズニー好きな旅人。 夢はダッフィーと世界一周。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする